「がってん寿司」のランチメニュー変更

ゴンさんと待ち合わせて、久しぶりにお寿司ランチを食べに行ってきました!他にも行ってみたいお店はあるけど、安定の「がってん寿司」へ。

地下鉄1号線鐘閣(チョンガッ)駅4番出口からすぐの青春の通り(旧ピアノ通り)にあります。



ランチタイムは平日の午前11時から午後3時。私達は平日の12時に来店しました。少し待ちましたが、すぐ席に案内してもらいました。



ランチメニューの内容が以前と少し変わったようです。以前はレディースセットというのがあったはずなんですが、今のランチメニューには無いです。それに、以前は天ぷらがセットになっていました。今は蕎麦に変わったのかな?→「がってん寿司」のランチ



穴子が食べたいので、10,800ウォンの納得セットを注文。



サラダと冷たいお蕎麦がセットになっていました。ガリや粉末の緑茶もテーブルにあります。ちゃんと日本のわさびなのが嬉しい!日本人の板前さんもいらっしゃるし、店員さんの訳のわからない活気が凄い!



ゴンさんは生のエビが食べられないから、私の方に置いてくれました。



シャリが大きいからか満腹。前はもっと小さかったんだけど。2人とも、最後に残った1貫は貝。残さず食べましたよ。



腹8分目だと、また近いうちに食べたくなってくるけど、満腹になったので良かった。しばらくお寿司は食べなくても大丈夫だ。

【がってん寿司鍾路店】
住所:서울특별시 종로구 관철동 19-1(ソウル特別市 鍾路区 貫鉄洞 19-1)
営業時間:11:00~23:00(ランチメニューは平日11:00~15:00)
休業日:旧正月・秋夕(チュソク)の当日のみ

関連記事

コメント

たのしみ

ソウルに行く楽しみがドンドン増えて・・・わし、キムチがいかんで、これねらい目ですわ。ええ紹介してまってありがとさん。この店、地歩にのっとりますか?

Re: たのしみ

敬助さん、コメントありがとうございます。日本でおいしいお寿司が食べられるのでうらやましいです。韓国旅行の際、どうしてもお寿司が食べたい時はこちらへ。

これは素敵なお寿司やわ~(゚∀゚)
カニカマおらんし、日本のお寿司と大差ない旨そうな見栄え♪♪

Re: タイトルなし

yukiちゃん、コメントありがとう!
でしょ〜この価格でこのレベルなら合格!
個人的に穴子が大好物。
海外で穴子の寿司ってあんまり無い気がする。
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR