全州韓屋村路地散歩「全州伝統韓紙院」へ

韓国観光公社主催の在韓日本人ネットワークブログ記者団モニターツアーに参加。ソウルから日帰りで全州(チョンジュ)に行ってきました。

全州と言えば、全州韓屋村(ハノクマウル)、全州ビビンバ、そして全州韓紙(ハンジ)が有名。毎年5月には全州韓紙文化祝祭というお祭りがあります。

高麗時代や朝鮮時代、王室への献上品であった全州韓紙。全州の水質、良質なコウジ、優れた技術など、昔から全州には良い紙を作る条件が揃っていたそうです。

全州韓屋村には、韓紙や韓紙を使った工芸品を販売や展示をするところがたくさんあります。

韓紙通りという名の通りまであります。そこから路地を入ると、趣きのある塀に囲まれた韓屋が立ち並ぶ家並みを見ることができます。民泊(民宿)をしているところが多いようです。







全州伝統韓紙院に寄り道してみましょう。



全州伝統韓紙院では、韓国伝統の韓紙(ハンジ)の生産と販売を行なっています。韓紙を製造する様子を見学することができます。



ステンレスの台の上に韓紙を貼り付け、台の熱で乾燥させます。



休むことなく、次から次に新しい韓紙が出来上がる様子に感動。熱気が外まで感じられたので、とても大変な作業だと思います。



そのさらに奥には伝統韓紙販売店があり、韓紙や韓紙工芸品を購入することができます。



韓紙は1枚1,500ウォン~2,000ウォン程度で販売されています。



様々な色や模様の韓紙が揃っています。



路地の塀からひまわりが色鮮やかに顔をのぞかせています。




韓国観光公社在韓日本人ネットワーク
facebook→http://www.facebook.com/japannetwork
ブログ→http://www.ameblo.jp/ktojapannetwork/



関連記事

コメント

和紙

和紙は、日本で発明とはやとりしていましたが、韓国にあれば、やはりそちらが先輩でしょうなぁ。まっ、昔のことですので、いまさらパクリと非難されることもないですが・・・。いずれにしろ韓紙を勉強させてもらい感謝ね。

Re: 和紙

元はと言えば、大昔に様々な技術が、大陸から日本へと伝わったんですよね〜!
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR