倉洞(チャンドン)芸術村路地散策

先日、日帰りで昌原(チャンウォン)に行ってきました。サンサンキルオープニングセレモニーが行われました。→昌原(チャンウォン)サンサンキル(想像の道)オープニングセレモニー

サンサンキル周辺は、倉洞(チャンドン)芸術村と名付けられています。チャンドン芸術村は、衰退していく馬山地域の活性化のために誕生しました。

文信(ムンシン)芸術通り、エコールド倉洞通り、馬山芸術の痕跡通りなど、3つのテーマに分かれた 倉洞芸術村の路地には様々なアトリエと工房、ギャラリーなどが並んでいます。

観光情報が必要な場合、倉洞アートセンターの隣にある倉洞芸術村総合案内所で、倉洞芸術村の案内を受けたり地図をもらうことができます。



路地マップを片手に、路地ツアー!路地を進むと、ところどころにちょっとしたアートを見ることができます。仁寺洞や三清洞(サムチョンドン)のような雰囲気?今のところ、観光で訪れる人は少ないようですが、今後に期待といった感じです。









こんなお洒落な洋風のレストランも。





サンサンキル入口から부림시장(プリム市場)へと続くメイン通り。



メイン通りの先は、부림시장(プリム市場)の入口です。



プリム市場内に、有名な「6·25避難越南トッポッキ」があるらしいのだけど、あのお店かな?植木鉢の受皿にトッポッキを盛りつけるそうです。斬新!







歴史のある飲食店も多く、昌原三大食堂の「6·25避難越南トッポッキ」、「ポクヒチプ」、「倉洞粉食(チャンドンプンシク)」、パン屋の「高麗堂(コリョダン)」や「コア洋菓子」が有名どころ。

ゲストハウス・リゾムの向かい側にある創業40年以上の小さな粉食店「복희집(ポクヒチプ)」は、トッポッキがおいしく、直接炊いた小豆で作るかき氷とぜんざいがおすすめらしいです。



1959年にオープンしたパン屋さん「高麗堂(コリョダン)」は、クル(蜜)パンと煎餅が有名。いただいたクルパンと卵の入ったパンをいただきました。クルパンは、あんドーナツに蜜をまぶした昔ながらの菓子パンみたいな感じ。卵の入ったパンはパン生地が柔らかくて日本風の惣菜パンみたいでおいしかったですよ~!



関連記事

コメント

行きたかった!楽しそう、美味しそう。

Re:

りうめいさんも参加できたら良かったのにね〜!
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR