仁川旧日本人街のレトロな日本風カフェ「cafe pot-R(パダル)」

食事の後はデザート休憩!パッピンスがおいしいと噂のカフェ「밧알(パダル)」へ。日本風には「cafe pot-R(カフェ・ポットアール)」という店名。旧日本人街に残る古い日本家屋をリモデリングしたカフェです。絶品キムチチゲのお店からすぐ。→感動的なおいしさのキムチチゲ「ミョンウォルチプ」

お店の情報を検索すると、仲良くしていただいている在韓日本人りうめいさんのブログ記事を発見!りうめいさんのブログでカフェに改装される前の建物の写真も見ることができます。りうめいさんは、写真も上手だし古い建築物についてとても詳しいですよね。必見!→韓国古建築散歩



こちらのカフェのおすすめメニューは、パッピンス(小豆かき氷)6,000ウォン、パッチュク(小豆粥)6,000ウォン、長崎カステラ1切れ2,000ウォンとのこと。

パッピンスはつぶあんが甘すぎずおいしい。あんこの下ににはきなこが隠し味になっていて、香ばしい。氷は昔ながらの氷かと思いきや、食べてみると内側はミルク味でふわふわ。



長崎カステラは、しっとり甘い本物のカステラです!カステラ1本まるごと買うこともできるようです。



もともと日本家屋だった建物を再利用しておしゃれなカフェ空間にしていますので、建物も必見です。



「cafe pot-R」は、地下鉄1号線仁川駅からチャイナタウンを抜けた旧日本人街にあります。この辺りは歴史文化通りとも呼ばれ、日本統治時代に作られた重厚な石造りの建築物もいくつか残っていて、仁川の歴史を紹介する博物館として開放されています。また、当時の町屋作り風店舗や民家を再現した建物が並び、ちょっとした観光スポットになっています。

【팟알(パダル)】
住所:仁川市中区新浦路27番キル96-2(官洞1街17)
電話:032-777-8686 
時間:11:00~22:00
定休日:月曜日
※2・3階の畳部屋は前日までに要予約。1時間1万ウォン、5~25名、1人1品要注文

関連記事

コメント

ここのパッピンス見た目よりふわふわでおいしかったですね!カステラもおいしかったですそういえば残ったのお家でたべました?
なんとなく落ち着く雰囲気の建物でしたね
やはり日本建築だからかな?やはり私日本人です(笑)

Re:

ユナーさんのおかげで仁川を満喫できましたよ!本心です。自分の思いつきだとワンパターンになってしまいますから、人の行きたい場所に密着するのはなかなか良いですね。
パダルも落ち着く喫茶店という雰囲気でした。カステラは、家に着く前に食べちゃった…なんかムショーに食べたくなって!笑

リンクどうもありがとう!
ここのあずき、素朴な味で好きです。

Re:

りうめいさん、ここは日本の雰囲気で、落ち着きますね。あんこもおいしかった!
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR