椿の名所「禅雲寺(ソヌンサ)」

全羅北道南部の高敞(コチャン)、禅雲山の麓に禅雲寺(ソヌンサ)があります。百済時代に創建された大きな寺院でしたが、豊臣秀吉の朝鮮侵攻戦の際に焼失し、現在は再建された建物が残っています。大ヒットドラマ「チャングムの誓い」のロケ地として有名だそうです。



天王門の四天王像。色が鮮やか!


 
東西南北を守っておられます。



四天王が悪い人を踏み付けています。私たちも罪を犯さぬよう気をつけよう。



天王門をくぐると、正面に見えるのは萬歳楼。



萬歳楼は、余った木材を使って日本人により建築されたとか?



萬歳楼の内部は、こんな風。床が素敵。天井には、玉を口にくわえた4匹の龍がいるそうです。私は2匹しか確認できなかったし、全部玉をくわえているかは不明。



この柱…説明していただいたけど、忘れちゃった。



この石塔は6層。石の形が違う1番下と上は数えないそうです。



本堂の大雄宝殿。本堂への出入口は、真ん中は仏様、右は入口、左は出口と言っていたような?ちょっと不安。



中には仏様がいらっしゃいます。



大雄宝殿の裏には椿の林があり、椿の木は樹齢500年、高さは平均6mほどあり、天然記念物に指定されているそうです。椿は椿油を摂るためと、防火林の役割があったと考えられています。満開の椿も見てみたいです。



再建された際、屋根の色は元の色とは変わってしまったそうです。元の材料は高価なため、1枚だけその材料の瓦が使われていますよ。写真ではわかりませんが、屋根の一番上の真ん中の部分だけ青い瓦が使われています。



ここにもあります。1口飲めば、2年だったか3年くらい若返るという湧き水。



岩を削って造られた高さ17メートルの磨崖仏や、龍門窟という見どころもあるそうで、いつかそれらもゆっくりと見てみたいです。春は椿、秋の初めには彼岸花、これから紅葉も見ることができますね!禅雲寺ではテンプルステイのプログラムもあるので、テンプルステイで1泊というのも良さそうです。高敞はコインドル(支石墓)も有名ですが、残念ながら今回は行くことができませんでした。高敞名産のうなぎも絶対に食べたい。



今回のシティツアーで案内をしてくださったゲタさんと呼ばれるガイドさんですが、日本語がとても上手な楽しいガイドさんでした!たくさんおもしろいお話や詳しく説明をしていただきました。説明に集中しなかった自分のせいなんですが、記憶があいまいなので、もう1度説明が聞きたいです!

【禅雲寺/선운사(ソヌンサ)】
住所:전북 고창군 아산면 삼인리 500
電話番号:063-561-1422
拝観料:3,000ウォン
ホームページ→http://www.seonunsa.org

関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR