我が家の廃材利用

今日は屋上菜園部の日!毎週火曜日のいつもの集合時間に屋上に行きました。



あれ?誰もおらん…白菜と大根たちはどこ?



下の階の作業場に行ってみたら、前回家具をほとんど作ってくれた家具の先生が1人で残業中でした。→屋上菜園部の活動で家具を自作

なんと、今日は午後2時スタートだったらしい!私は携帯電話持ってないから、いつも連絡は取れないのだ。やばいやばい、これは大変。一番大変そうな仕事を私は手伝えなかったぞ。続きのおもしろい作業は明日やるんだって。一応それがわかってよかった。明日はキムチ作れるかな?

ついでに作業場の廃材チェック。使えそうなの木材がいっぱいあるんですが、重くてたくさんは運べないから慎重に選びます。おっと~あのオレンジ色のやつ、うちにちょうど良さげ!



作業場から我が家まで片道20分くらい。行きは下りなんだけど、帰りはずっと上り坂。結構重くて、指ちぎれそうになった。

作業場で拾ってきた廃材はここで活躍させてみようと思います!こちらは、我が家の玄関。問題点は、玄関を入って左側にあるシャワー室でシャワーを浴びた後、濡れた足のまま室内のマットで足を拭いていたこと。そこで、ざら板があったら使い勝手が良いのではと考えました。



なんということでしょう!まるで、この家に合わせて作られたかのようにぴったりと収まったではないですか!



これからは、水浸しのままキッチンに足を踏み入れることなく、このざら板の上に移動した足拭きマットで、足を拭いてから室内に入ることができることでしょう。

その前に、今使っているバスマット?いや、ぞうきん?タオルをリサイクルしたやつなんだけど、汚いから恥ずかしくてあんまり近くではお見せできません。実は、ほとんど洗ってないんだよなぁ。



まあいいや、ほら、汚い。だって、洗い替え用が無いからさ。新しいバスマット作ろうかな。買いませんよ。



足の下に敷くすのこ状のやつ、ずっとざら板って呼んでいたけど、ざら板ってどうやら方言らしいですね。

関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR