朝鮮時代劇撮影場「聞慶(ムンギョン)セジェオープンセット場」

韓国観光公社在韓日本人ブログ記者団の活動で、慶尚北道(キョンサンブッド)・聞慶(ムンギョン)への日帰りツアーに参加しました。

今回参加したツアー詳細はこちら。→韓国100景第1位の聞慶セジェ浪漫の道と名匠の焼き物に触れる旅。

聞慶1日ツアーの最後は、聞慶セジェオープンセット場へ。聞慶セジェ道立公園内の第1関門と第2関門の間にあるKBS放送局の時代劇撮影場です。5月にはこちらで陶磁器祭りが行われます。

チケット売り場の前にフォトゾーンがあります。「太祖王建」「大王世宗(テワンセジョン)」「帝国の朝」「無人時代」「大祚栄(テジョヨン)」「トキメキ☆成均館スキャンダル」などが撮影されました。最近ではチョン・ジヒョンとキム・スヒョンが出演した「星から来たあなた」も朝鮮時代の背景はここで撮影されました。



この聞慶セジェに設立することになった動機は、鳥嶺(チョリョン)山と主屹(チュフル)山の山並みが高麗の首都、開城の松岳(ソンアク)山に似ているだけでなく、昔ながらの道がよく保存されており大河撮影場にぴったりだったからだそうです。

現在の撮影セット場は、聞慶市の建設支援で高麗時代を背景にしたセットを壊し、新しく朝鮮時代のセットに作り直したものです。

光化門、景福宮、東宮、書雲観、両班家など103棟、既存の草家22棟と瓦ぶき屋根5棟を合わせて130棟のセットがあります。



橋を渡ると、セット場です。





光化門も忠実に再現されています。







1人3,000ウォンで、貸し衣装を着て写真撮影が可能。



この立派な王座に乗って写真を撮れば、良い記念になりますね。



この辺は、両班(ヤンバン)のお屋敷が並んでいます。





庶民の村ゾーン。







ガイドさんが、ここは必ず登るべきと言う見晴台。



登ってみます。













本当に人が住んでいそうな雰囲気です。

【聞慶セジェオープン撮影セット場】
■住所:慶尚北道 聞慶市 聞慶邑 上草里 288-1(경상북도 문경시 문경읍 상초리 288-1)
■電話番号:054-550-8370
■アクセス:①東ソウル総合バスターミナルからバスに乗り、
聞慶公用バス停留場で下車。(約2時間10分所要)。②タクシーに乗車し美術館へ(約10分所要)。


韓国観光公社在韓日本人ネットワーク

facebook→http://www.facebook.com/japannetwork
ブログ→http://www.ameblo.jp/ktojapannetwork/



関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR