江陵(カンヌン)名物料理カムジャオンシム

ツアー最後の目的地は、江陵中央市場(カンヌンジュンアンシジャン)。この日は祭りが開催されているため少し離れた場所でバスを降り、市場まで歩きました。ソウルより寒いはずの江原道ですが、イチョウ並木がとても綺麗。ソウルのイチョウはほとんど散ってしまっています。



この先が、江陵中央市場(カンヌンジュンアンシジャン)。



左手に見える空き地は、線路跡だそうですよ。



しかし、古い線路は取っ払ってしまったようですね。



この位置で解散し、しばしの自由時間となります。韓国の庶民的市場を見物しながら、韓国式ハンバーグ「トッカルビ」や、ピリ辛がクセになる「トッポギ」、もちもちの定番おやつ「ホットック」など屋台の地元グルメを堪能しましょう。テレビに登場した人気のタッカンジョン屋さんもあります。







ガイドさんがおすすめのお店に案内してくれると言うので、ほとんどの参加者が一緒に行くことに。ガイドさんのおすすめのお店「カムジャバウ」に到着。



そして、ガイドさんのおすすめの食べ物が、1番上のカムジャオンシム7,000ウォン。



このお店のキムチは割と好み。



こちらは、カムジャジョン3,000ウォン。じゃがいものチヂミですね。もちもちしています。



こちらは、カムジャオンシム7,000ウォン。



カムジャオンシム(カムジャオンシミ?)とは、江陵(カンヌン)の名物料理なのだとか。麺料理ですが、中にじゃがいもで作ったお餅のようなものが入ったじゃがいも版すいとんのような料理です。あっさりとして、日本人には食べやすい料理だと思います。量は1人で食べるには多いかな。私たちは2人でカムジャオンシムとカムジャジョンを1個ずつ注文して半分ずついただきました。それでも時間の関係もあって食べきれず、もったいないことに残してしまいました。



【감자바우(カムジャバウ)】
住所:강원도 강릉시 금성로 35번길 4
電話:033-648-4982

お店への行き方ですが、市場のメインストリートをまっすぐ進むと右側にダイソーが見えますので、そこを左に曲がるとすぐ左側です。白にオレンジの看板が目印。



メインストリートは、お祭りのパレードが行進しているところでした。



















週末は道路が混雑するため、予定通りにソウルに到着することはまずないようです。23時頃になる場合もあるそうなので、そのつもりで参加したほうが良さそう。私たちは運良く午後9時にはロッテホテル前に到着し、解散することができました。

【江陵中央市場】
■江原道 江陵市 金城路 21 [城南洞](강원도 강릉시 금성로 21 [성남동])
■電話番号:033-648-2285
■アクセス:①東ソウル総合バスターミナルで江陵(カンヌン)行きバスに乗車し、江陵バスターミナルで下車(約2時間40分所要)。②江陵バスターミナルで下車後、タクシーに乗車し江陵中央市場へ(約7分所要)。
■ホームページ→http://www.gncmarket.com/

関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR