おかずが凄い!全州マッコリタウン「ヨンジンチッ」

全州にはマッコリコルモッと呼ばれるマッコリタウンが何箇所かあり、1番規模が大きいという三川洞(サムチョンドン)マッコリタウンにやって来ました。私たちは、オンニおすすめのお店「용진집(ヨンジンチッ)」へ。満席のため店の外に並んで待ちます。



10分ほどで席が空いたので、店内へ。



普通のマッコリと、透明なマルグンマッコリの2種類を注文。どちらもやかん1つ20,000ウォン。マッコリは追加分からは15,000ウォンになるそうです。



マルグンマッコリとは、マッコリの上澄みの透き通った部分です。普通のマッコリと値段は同じですが量は少なめ。スッキリとしている感じ。まあ飲みやすいです。



全州マッコリタウンでは、マッコリを頼むと自動的におかずが出てくるシステムなんですよね。うわさに聞いていたけど、私たちは初めて。どれくらい出てくるのかな?まず、大根のスープ。



チヂミ。



次は一気にどーん!1つ1つ写真は撮らなかったんですが、おいしいものがたくさん出てきました。やかんが増える分おかずも増えるそうですが、どこまでが1つ目のやかんのおかずなのでしょう?



さらに後から何品か運ばれて来ました。エリンギ。



さんま。



エイ?



さざえ?



5人でマッコリを2種類注文し、お会計は40,000ウォン。1人1,000円以下です。おかずの量は十分で、マッコリは飲み切れず残してしまいました。これは楽しいですね。

お店を出たら、さらに長い列ができています。他のお店に比べておかずが豪華なのかも。



【용진집(ヨンジンチッ)】
住所:三川洞1街 627-9
電話:063-224-8164
休業日:毎週日曜日、旧正月、秋夕
営業時間:16:00~翌1:00
関連記事

コメント

寒いくなったネ。

3でも、元気で韓国暮らしをたのしみ、元気に発信しているからミキちゃんはすごいですよ。これからは寒さもきつくなるから身体を大事にね。じゃあ、また。

Re: 寒いくなったネ。

敬助さん、良かった!最近音沙汰が無いので、元気にしていらっしゃるのか心配しています。もしかして、手術もされたことだし、元通りに元気というわけにはなかなか行きませんよね。
ソウルはすでに氷点下の日もあり、これから本当の極寒です。日本のほうが温かいとはいえ、でも寒いですよね。体調管理しっかりして、元気に乗り越えてくださいね!
非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR