変換プラグが無くてもできる充電の裏ワザ

カメラ充電器のプラグが日本で使えないやつ。変換プラグを持って来るのを忘れたから、昨日の夜カメラのバッテリー切れてから困った。



でも、こんな方法がある!プラグの方向間違えてるが…



充電できる。



この形状が同じなら、使い回しできます。





関連記事

コメント

コンセント日韓戦。

韓国の学習マンガ「サバイバル」シリーズの一編「エネルギー危機のサバイバル」を読むと韓国のコンセントは110Vか220Vが基本でプラグ形状もCかSEが一般的だから随分日本と違うのが分かりました。
今回もそういう違いがよくわかる記事ですね、ありがとうございます。

Re: コンセント日韓戦。

カイカイ反応通信愛読者様
韓国の学習漫画というものがあるんですね。
韓国のプラグは、ほとんどがCタイプ、電圧は220Vですね。ホテルや空港には、日本のプラグがそのまま使えるコンセントも時々あります。
最近の電化製品は、電圧は世界対応できる100〜240Vが多いのでプラグの形状だけ変えれば使用可能です。

大阪名物。

サバイバルシリーズは日本語にも翻訳されて朝日新聞出版社から出ています。日本の子供たちに大人気ベストセラーで、私もまず自分が読んでから甥っ子にプレゼントしていますが夢中で読んでくれています。
ちなみに、韓国人旅行者がオススメする大阪名物のブログがありましたのでご紹介します。
http://www.otonarisoku.com/archives/46554641.html 
ワタシは551蓬莱くらいしか知りませんでした、日本人よりも詳しいかもしれませんね。最近はこういう韓国人ブログの翻訳で逆に日本のことを教えられたりしています。

Re: 大阪名物。

カイカイ反応通信愛読者様
大阪で、教えていただいたいなりずしを買いました。わさびいなりを買おうとしていたのに間違えて普通のを買ってしまったらしく、食べてみたら不通のやつでした。次回はわさびを買ってみます。
大阪旅行は韓国人に大人気で、主要観光地は観光人と中国人だらけでした。おみやげもたくさん買っているので、経済効果はすごいと思います。でもどこ行っても行列で、ちょっと大変でした。
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR