クレジットカード断捨離

以前に作ったものの、現在まったく使用していないクレジットカードの解約手続きをしました。解約したのは、イオンカードセレクト、オリコカード、セゾンカードの3枚。それとETCカード。年会費永久無料のカードなので、別に解約せずに持っていても金銭的リスクはないですが、何枚も持っているとすっきりしません。



クレジットカードの裏側に記載されているコールセンターに電話。コールセンターの電話は混み合っているため、オペレーターに繋がるまでかなり待たされます。オリコカードとセゾンカードは、ここ数年利用していない休眠カードで、電話ですぐに解約手続きが完了しました。イオンカードセレクトは紛失し利用停止してもらったまま、再発行していませんでした。

イオンカードセレクトは、イオン銀行の口座が一体になっているので、銀行口座も一緒に解約します。口座に残っている残高は、同一名義人の他の金融機関の口座情報を解約書類に記入して送れば、振り込まれるとのこと。クレジットの利用で貯まっているポイントなどは、カードの解約と同時に失効します。WAONの残高については不明。おそらくWAONも残っているはずですが、どうなるのでしょう?

コールセンターに2016年1月18日(月)に電話し、1月23日(土)に解約に必要な書類が届きました。

【イオンカードセレクト解約に必要な書類】
・イオンカードセレクト解約依頼書兼イオンバンクカード切替依頼書
・振込依頼書(兼払戻請求書)
・普通預金解約請求書(郵送専用)
・本人確認書類(コピー)



しかし、銀行登録印またはサインをする欄があり、自分がどちらで登録したのかがわかりません。それで、またコールセンターに問い合わせた結果、サインで登録していることが判明しましたが、サインの書式が登録したものと完全に一致しないと駄目とのこと。

自分がどんなサインをしたか自信が無いので、さらに1週間ほどで届く書類が必要になります。新しく印鑑を登録する形となり、解約書類には同じ印鑑を押して一緒に送ればオッケー。正直、とても面倒です。

クレジットカードを断捨離して、楽天プレミアムカード1枚のみ残しました。年会費が10,800円必要ですが、国内外の空港ラウンジが無料、旅行傷害保険最高5,000万円など特典が多く頼りになるカードです。キャッシュバックキャンペーンを利用すれば、初年度は実質無料となります。



年会費永年無料の楽天カードも使い勝手が良いです。



旅行者におすすめのクレジットカードは楽天プレミアムカード。空港ラウンジ利用、海外旅行保険無料付帯、無料宅配などで活用しています。

プライオリティ・パスに無料登録可能!楽天プレミアムカード

VISAカードが1枚あれば十分ですが、JCBカードの利用者向けに仁川空港からソウル駅まで空港鉄道無料キャンペーンをずっとやっているので、私もJCBカードを作りたいと思います。無職でも審査に通るでしょうか?

関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR