タルトンネ住民紹介

同じタルトンネに住む友人のコッラです。今年の冬は寒さから逃げるためインドで過ごし、春になったのでタルトンネに帰って来ました。以前も紹介した彼の住まいは大反響でした。→超激安チョンセ物件



コッラの家の入口はドアが無かったんだね。発泡スチロールでふたしてある。もちろん鍵なんて無い。





上り口横の壁は、そろそろ崩壊寸前か。住み続けるには、補修が必要だと思うよ。



靴を脱いで、上がるのに躊躇していたら、履く意味無いくらい汚いスリッパを出してくれました。



この家、広いけど、物が多いんだな。そして、汚い。



寝室は、割と綺麗。あの布団カバーかわいいでしょ。ラオスのルアンパバーンの夜市なんかでよく売っているやつだね。もう1つ新しいのがあるからって、コッラが布団カバーをくれた!めちゃくちゃ嬉しいよ〜!



去年、寝室に設置したというペレットストーブ。こんな小型なのがあるんだ。燃料は、木屑を固めたペレットというもの。



コッラの服コレクション。衣装持ちやね。



来月、ゴンさんの姉マデの結婚式にはこの服を着るそうだ。



白いペンキを大量に買ったそうなので、少し分けてもらった。



コッラの家のトイレは屋外にある。冬の間にトイレの扉が無くなってしまったらしい。なんでやねん!!!



関連記事

コメント

こんばんは
凄い!凄すぎるとしか出てこない
トイレの扉は一体どこへ行ってしまったのでしょうね
でもこんな内容の記事が堪らなく好きです。

Re: タイトルなし

めるもいもちゃん、なかなか良い記事が書けました。
また近々様子を見に行ってきます。

低所得者の住居の序列

韓国映画や韓国ドラマ観ていると低所得者の住居としてタルドンネ 屋塔房、半地下と並んでたまにビニールハウスに住んでる人も見ますけど、ああいうビニールハウス住居って韓国ではよくあるんですか?
ビニールハウス住居が一番劣悪で家賃が安いんでしょうか?

Re: 低所得者の住居の序列

韓国ドラマに出てくるビニールはうす住居というのがどういうものかわからないのですが、ビニールハウスに直接住んでいるのですか?
見たことがありません。でも、ビニールハウスの中に家を建てて住んでいる方の家を見たことがあります。おそらく、住居用の土地ではないので、対策としてそうしたか、税金対策かと思いました。
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR