リニューアルオープンした韓国観光公社「K-Style Hub(Kスタイルハブ) 」ちょっと見学

2016年4月11日(月)にオープンしたばかりの「K-スタイルハブ(K-Style Hub)」をご紹介します。場所は、地下鉄1号線鐘閣(チョンガク)駅6番出口から清渓川(チョンゲチョン)を渡って右に曲がるとすぐにある以前韓国観光公社本社があったビル。どうしてあちこち移動しちゃうんだろうか?きっと事情があるのだろう。



「K-スタイルハブ」は、韓国観光公社ソウルセンターの2階~5階にあり、医療観光、韓流体験、韓食の展示や体験、買い物、韓国観光に関連する情報の入手などができます。



2階エレベーター前のエントランスに無料ロッカー発見。



午前9時から午後7時半まで、保管は当日限り。案内デスクで保証金1万ウォン必要ですが、無料で利用可能。地下鉄駅改札前のコインロッカーは、最低3,000ウォンからだったと思うので覚えておくと良いかも。



2階には、カフェや休憩スペース、観光案内コーナー、韓流コーナー、VR体験コーナーなどがあります。







医療観光案内と医療体験コーナー。



自分に合ったティーセラピーの韓方茶を試飲できます。



体の組織バランス状態を測定できるインボディテストなどがあります。私は、お肌の診断テストや体内年齢測定をやってみました。自分の身体の状態がよく解り、おもしろいです。



こちらはバーチャルツアーが体験できる装置。ゴーグルのような装置を付けると、目の前に画像が映し出されます。体の向きを変えると360度画像を見ることができるというもの。こういうの初めてです。



あとは、Kポップスターたちと一緒にプリクラのような画像を撮れるマシーン。東大門のフィットインでもこれやったことある。ここではメール送信機能がないため、自分のカメラで画面を写す必要あります。→K-POPホログラムコンサート「Klive(クライブ)」



一応、こんな感じに撮れると教えてあげたいと思っただけで、これ、1人で試すのきついものがあった。



3階~4階には韓食展示館と韓食体験館があります。韓食体験館では、韓国伝統菓子や伝統酒など、普段なかなか触れることのできない北韓(北朝鮮) 料理を実際に作る体験ができるそうです。







【K-Style Hub(K-スタイルハブ) 】
住所:ソウル特別市 中区 清渓川路 40
フロア別の運営時間及び休館日:(2階)9:00~20:00、年中無休/(3階~5階)10:00~18:00、火曜日休館
ホームページ(韓国語)→http://korean.visitkorea.or.kr/kor/bz15/kstylehub/overview.jsp

関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR