中津川「馬籠宿」へ日帰りドライブ

先日11月6日(月)、中津川に行った。午前10時ごろ出発し、チアキの運転で高速道路を使って、約3時間。高速道路料金は片道5,000円くらい。4人なら1人往復2,500円。

中津川の馬籠宿に到着。馬籠宿の上の方の無料駐車場。観光地なのに、駐車場が無料でありがたい。紅葉にはまだ少し早いけど、山が綺麗!



とりあえず、みんなお腹がぺこぺこなので、適当に入ったお蕎麦屋さんで昼食。



お蕎麦って、高い。



ゴンさんはざるそば大盛りの「大ざる」を注文。そばの入れ物が2段になっとる!



中津川言うたら、これ!栗100パーの栗きんとん。のんちゃんもチアキも栗きんとん目当てで中津川に来とる。私とゴンさんは1個づつだけ。





この日の写真はほとんどゴンさん。馬籠宿でこの建物を写真に撮る意味がわからんけど、あとで聞いたら、屋根とか真っ直ぐなのが気に入るそうだ。







この日は天気も良く、平日なので人が少なくのんびりした雰囲気で良かった。



下まで降りてまた上へ。





馬籠宿から、栗きんとんの有名店「すや」本店へ。大きい支店へは何度か行ったけど、本店は初めて。「やす」じゃなくて「すや」な。



栗きんとん大好物やけど、よう買いませんでした。



帰り道はまた、高速で。御在所サービスエリアで夕飯。鰻巻き寿司をのんちゃんと半分こ。



ゴンさんはから揚げ定食。チアキはがっつり四日市トンテキ定食みたいなのをそれぞれ食べて、後は知った道。遠いけど楽しかった。往復ともチアキに運転してもたらい、いつも甘えっぱなし。いつもありがとう~!



関連記事

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR